MENU

ガラケー時代は安く使えていたのに、スマホにしてから急に支払いがきつくなっていませんか?

 

ほとんど使っていない月でさえ8000円も徴収されるのは、さすがに泣けてきますね。

 

そこで、その費用を大きく節約するためにあるサービスが格安スマホです。

 

このサービスの大きなメリットはコレ

 

電話番号そのままでOK!

 

スマホそのままでOK!

 

設定はかんたん5分で完了!(個人差あり)

 

ただ単にキャリアから変更するだけで、実に78%の方が毎月スマホを安く使えています。

 

(毎月の料金は、月額1000円台~2000円台の方が多くなっています。)

 

 

格安スマホにすれば安くなるのは分かっても、結局どこを使えば良いのかって分かりにくいですね?

 

そこで、こちらのページでは実際の利用者による口コミ投稿での評価をランキング形式でお届けしています。

 

今はもう、多くの方が変更して月額を大きく節約されているので、この機会にチェックだけしてみてください。

 

ユーザー口コミで人気のある格安スマホはこちら

mineo

  • 対応端末数No.1!
  • au・ドコモ端末が使えるのはmineoだけ
  • 電話もしたい/月額1310円~

対応端末数が多いから、今お使いのスマホそのままでスマホ代が安くなる!

mineoに変更後、78%の人が月額料金が安くなったと回答、そのうち38%が月3000円節約に成功!
通信品質も74%以上の方が同等以上と回答!

キャンペーン

キャンペーン情報はかなり高頻度で変わるので、詳細は公式でお願いします!

楽天モバイル

楽天カードなら最大ポイント+5倍、月々の支払いもポイントでOK!

  • 楽天でんわで5分以内なら何回でもかけホーダイ
  • 5分を超えても通話代が半額の30秒/10円
  • 月々のお支払いで楽天ポイントが貯まる
  • 何分でもかけ放題(月額2980円)のプランの方は2/28で終了します。ご注意ください!

キャンペーン

月額料金1カ月分無料!
ご契約期間中楽天市場のポイントが2倍!

公式サイトをチェックする⇒

口コミはこちら

DMMモバイル

業界最安値、最速のDMMモバイル

  • 通信費が月額最安値の440円~音声電話付き1140円~
  • NTTドコモ全てのサービスエリアでご利用可能
  • 10分かけ放題プランが新登場!

キャンペーン

新規お申込みでDMMポイントが10%還元

 

公式サイトをチェックする⇒

口コミはこちら

イオンモバイル

店舗販売数200以上のイオンモバイル

  • 通信費が安い!音声電話付き1140円~
  • ややこしい設定も店舗が多いからサポートも安心の口コミ多し!
  • いつ解約しても0円と契約縛りが無い!

キャンペーン

24時間国内どこでもかけ放題が月々1980円キャンペーン中!

 

公式サイトをチェックする⇒

口コミはこちら

BIGLOBE

ビッグローブ電話パックで最大60分国内通話料無料

  • あまったパケットは翌月まで繰り越せます。
  • 音電話もデータ通信もドコモと同じエリアでご利用可能
  • ウェブで簡単メールが設定要らずで使えます。

キャンペーン

最大24か月間、月額料金200円引き

 

公式サイトをチェックする⇒

口コミはこちら

OCNモバイル

大手NTTが提供する格安スマホOCNモバイル

  • NTTドコモとFOMAの両エリアに対応
  • データ通信料による変更が毎月可能
  • 通信事業者最大手の安心感はN0.1

キャンペーン

初月の基本料金が無料

 

公式サイトをチェックする⇒

口コミはこちら

LINEモバイル

大手SNSのLINEが格安スマホサービスを開始!

  • 通話をLINE電話アプリにすれば月500円でかけ放題!
  • SNSは使い放題・データ消費量は0
  • 今お持ちの端末にも保証をかける事も可能!

キャンペーン

今なら月額の基本料金が最大3ヶ月無料

 

公式サイトをチェックする⇒

口コミはこちら

トーンモバイル

スマホ初めての方でも使いやすいのがトーンモバイル

  • 初心者の方向けのスマホで端末と一緒に月1000円~
  • お子様向けのアプリ制限機能が豊富なのでママにもお勧め!
  • キャリアのAndroidと遜色なくLINEも使えます。

キャンペーン

ご利用料金にTポイントが貯まる
TUTAYAのDVD/CDが毎月1枚無料レンタル

公式サイトをチェックする⇒

※順位は、ユーザー口コミ☆4以上の評価合計で変動します。ご利用者の口コミは随時追加しランキングを更新して行きます。

※キャンペーン情報は、日によって変わる事もあるので、必ず公式サイトでご確認お願い致します。

 

 

格安スマホのサービスとは、別に、怪しい事をする訳でも、訳のわからない方法で通信するものでもありません。

 

こちらは、キャリアから正式にネットワーク(回線網)を借りて、利用者に安く提供してくれている事業者です。

 

だから、通話はもちろん、通信の速度だって全くと言っていいほど問題ありません。

キャリアから格安スマホに変える際の流れややるべき事

キャリアから格安スマホに変える際に必要なこととやるべき流れについて、かんたん5ステップで記載します。

 

 

まず、業者が決まったら今お持ちの端末が対応しているかを必ず確認することが大切です。
(※スマホ端末も同時購入する場合は確認の必要はありません。)

 

 

端末が対応していればそのまま使えるので、確認が出来たら今まで使っていた番号を移行できるように、自分が利用しているキャリアに電話をしてMNP番号の予約をしましょう。

 

MNP番号のご連絡先(キャリア)
携帯電話から一般電話から
au 0077-75470 左記と共通
ドコモ 151 0120-8000
ソフトバンク 0800-100-5533 左記と共通

 

(※新規で契約し電話番号を変える場合や、通話をしないデータ専用のSIMで契約するのであれば、この手続きは必要ありません。)

 

受付は9:00~20:00までです。

 

『MNP予約番号を取得したいんですけど・・・』とお伝えすればOKです。

 

またネットからでもお申し込みは可能です。

 

ご連絡後、MNP番号は10ケタの数字でメールで送付されます。

 

発行から15日で有効期限が切れるので余裕を持って手続きを行って下さい。

 

 

格安スマホ業者お申し込み時に必要なもの

 

・上記のMNP番号
(同じ電話番号を使う場合のみ)
・身分証明書の画像
(各公式でアップロードが必要です)
・ご本人名義のクレジットカード
(口座振替が可能なのは上記では、楽天モバイル(楽天銀行口座が必要)とOCNのみです。
 年会費無料のクレジットカードはこちらから

 

 

1週間ほどでSIMカードが届きますので、スマホで入れ替え作業を行い、簡単な設定を行い完了です。
(手順や設定は薄いのに分かりやすい説明書が送られてくるので大丈夫です。)

 

後は、月額の安い格安スマホライフをお楽しみください。

格安スマホや格安SIMカードとは?

 

最近目にすることが多くなった格安SIM、格安スマホといった言葉ですが、いったいどういうものなのでしょう?

 

簡単に書いてしまうと、格安SIMというのは低料金で利用できるSIMカードのことであり、格安スマホとは安価な価格で販売されているスマホを指します。

 

格安SIMとは?

 

まず格安SIMの話なのですが、基本的にスマホを利用する時にはSIMカードが必要です。
大手キャリアの携帯電話などでもそうなのですが、これは通信をするためのカードだと考えてください。

 

キャリアで契約をすると月に1万円弱程度はかかる利用料金が、格安SIMの場合ですと最低ランクなら1000円もあれば使えるのです。

 

スマホの本体はあっても、このSIMカードがなければ通信できませんので、スマホや携帯電話を利用する時には必ず必要になります。
もともとはその選択肢が大手のキャリアしかなかったところに、格安で使えるSIMを扱う業者ができたことで注目されているのです。

 

格安スマホとは?

 

次に格安スマホですが、こちらも文字通りの意味だと考えてください。
大手キャリアが販売する最新のスマホですと、その価格は7万円~8万円もするのがザラだと言えます。

 

これは最新の技術を導入した上、性能面でもハイエンドになっていることからの値段なのですが、さすがに高過ぎると感じる人も多いはずです。

 

反面で格安スマホというのは、新品で購入をしても2万円~4万円程度と半額程度で販売されているものだと言って良いでしょう。
価格が安くなっている分、性能面で劣っていたりもするのですが、安価に購入できるので注目を集めています。

 

最近ではスマホ本体とSIMをセットにして販売する大手の小売業者も増えており、そうしたセット商品を格安スマホと表記することもあるようです。

 

他にも、もともとは大手キャリアで販売されていたスマホが、家電量販店などに売却された後に中古の端末として販売されることがあり、これを格安スマホとするケースもあるので覚えておくと良いでしょう。
いずれにしても、キャリアが販売しているものよりは安価に購入できるスマホのことを指すと考えておいて間違いありません。

格安スマホや格安simを選ぶ際の注意点とは?

キャリアスマホの料金面で悩んでいる人にとっては、通信費をかなり節約できる格安スマホや格安SIMが魅力的に見えるはずです。

 

しかし、格安SIMや格安スマホを選ぶ時には、いくつか注意しなければならない点もあり、それを知らないままに購入してしまうと結局は利用できないというケースがあります。
では、具体的にどういった注意点があるのか見ていきましょう。

 

格安simを選ぶ際の注意点は3点

まず格安SIMの話からしますと、最初に知っておきたいのがSIMの大きさです。

 

 

スマホ端末によって、実はSIMカードの大きさというのは違います。

標準、micro、nanoといった3つのサイズがあるので、スマホにあわせて契約する必要があるのです。

 

格安SIMを取り扱う業者によっては対応しないSIMカードのサイズもありますが、各公式サイトの対応機種一覧でどのスマホにはどのカードサイズなのか確認できるようになっています。

 

(もし、購入後に合わない場合は、カードの交換2000円程度、または変換アダプターの購入でサイズの変更100円程度、カードが大きすぎる場合は専用カッターの購入1000円程度でカットし小さくする対応が必要になります。)

 

 

また、同様に気にしておきたいのが、通信方法は何に対応しているのかという点です。

 

一般的に格安SIMの場合は3Gにしか対応していないことも珍しくありません。
しかし、LTEを利用したいというのならLTE対応のSIMを用意する必要があるのです。

 

 

最後に、携帯会社(auやドコモなど)で購入したスマホの場合の通信網の確認です。

 

2015年4月以前に大手キャリアで購入したスマホにはsimロックという通信制限がかかっています。
このロックがかかっていると、他社の回線は利用できません。(au⇒ドコモ×

 

 

つまり、auで購入したスマホの場合は、au回線を利用している格安スマホ業者しか利用できません。
(現在、au回線を利用しているのはmineoとUQ-mobileのみです。ドコモは上記ランキング掲載業者は対応しています。)

 

 

また、2015年5月以降に各キャリアで購入したスマホの場合では180日経過すれば、解除できるようになります。

 

格安SIMの契約をするときには、最低でもこの3つを確認してください。

 

 

格安スマホを選ぶ際のポイント

 

格安スマホを選ぶ時のポイントとしては、まず端末の性能を知ることです。
そして、自分がどんなことを目的に格安スマホを利用するのか明確にしておきましょう。

 

 

基本的な話ですが、メールや無料通話アプリくらいしか使わないというのであれば、高い性能のスマホは必要ありません。

 

 

反対に、ゲームなどを良くするといった人は性能の良いスマホでないと動かせないこともあるので、しっかりとチェックしておくべきです。

 

また、格安スマホの多くは海外のメーカーが作っているものであり、国産メーカーのものしか使ったことがない人からすれば、最初はとまどってしまうかもしれません。

 

国産メーカーの格安スマホもあるので、まずはどんな物が販売されているのかからチェックしてみて下さい。

 

『けど、格安スマホってなんかダサい。』

 

確かに、ダサい機種もありますが、それであればamazonで新型スマホを購入し、通信だけを格安スマホ業者にするのも安く使えるのでお勧めです。