MENU

通信速度を表すためのものと捉えておく。

格安スマホの事を調べていると、LTEや4G、また3Gといった言葉を良く目にするはずです。

 

この3Gや4Gに使われるGって何と言うと、これはGeneration・日本語にすると世代という意味になります。

 

 

つまり、3Gというのは第3世代、4Gというのは第4世代の通信方法であるという話です。

 

 

ちなみに1Gというのは、音声をアナログ電波によって送信する通信規格のことで、2Gというのはデジタル方式の通信によって音声だけではなく、メールやネットに対応した通信規格にになります。

 

一昔前の携帯電話で使われていたのが2Gによるもので、movaといったサービス名は有名です。

 

 

3Gというのは現在使われている一般的な通信規格のことで、ガラケーなどはほとんどがこの3Gであると考えて良いでしょう。

 

4Gというのは、LTEなどを指す言葉でもあり、高速通信をするための規格です。

 

格安スマホ事業者ではほとんどがこの高速データ通信のLTEを利用できるので、選ぶ際に特に注意する点はありません。

 

 

 

ちなみにですが、正確にはLTEは3.9Gと言うべきもので、もともと4Gのつなぎになるための規格でした。

 

しかし、表記がややこしくなるので、国際的に4Gであると表記して良いという決定がなされたことから、4Gという形で表記されています。

 

 

 

 

もう1つ覚えておきたいのがIP電話と携帯電話で用いられている音声通話です。

 

一般的に電話としての機能である音声通話というのは3G回線を用いて行われているのですが、これは3G回線の中でもCS domainという回線が用いられています。

 

対してIP電話では音声をデジタルデータに変換して、インターネット回線を通して通話を行う回線のことです。

 

 

この2つの違いとしては、本質的には回線上の周波数帯を占有するかしないかということだと言って良いでしょう。

 

占有するのが一般的な音声通話、占有しないのがIP電話です。

 

 

一般的な音声通話は周波数帯を占有することで通信の品質が高くなるのですが、反面でサービスのコストが高くなります。

 

反面でIP電話では回線を効率よく使えるのでコストダウンできるのですが、品質そのものは劣ってしまうデメリットがあるのです。