MENU

キャリアと格安スマホの違いって何?

スマホの機種変更をする、新規加入をするのいずれにしても、大手キャリアと格安スマホの間で悩んでいるという人も多いでしょう。

 

 

まずキャリアスマホと格安スマホの大きな違いとしては、専用機種であるかどうかといったことがあります。

 

 

例えばですが、キャリアスマホの場合は各キャリアが用意しているコンテンツやメールなどを使用できるアプリなどが、
最初から端末にインストールされている
ことがほとんどです。

 

 

 

ですので、購入すればすぐにある程度の機能を使うことができますし、
契約すれば各キャリアで用意しているコンテンツを利用することもできます。

 

 

 

しかし、格安スマホの場合はそうしたキャリア専用のコンテンツは使えなかったり、
自分が必要とするアプリを1からインストールしていかないといけない手間があるのです。

 

 

 

スマホに詳しい人ですと、格安スマホの方が自分で選択できるので使いやすいという人も多いようですが、
初心者の人ですと最初からある程度揃っているキャリアスマホが楽だというケースも少なくありません。

 

 

また、もう1つ大きな違いとしては料金やサービスといった面でのことでしょう。

 

キャリアスマホの場合、どうして月額の利用料金が高くなってしまいます。

 

 

キャッシュバックなどのキャンペーンを利用することで、実質何円という形にすることができますが、
月額1万円近くもするというのは大きなネックになるでしょう。

 

 

反面で格安スマホの場合、最低限の機能さえあれば良いというのなら、
月額にすると1000円以下というプランも増えています。

 

 

ただ、通信速度の点などについてはキャリアスマホの方が有利だと言えるでしょう。

 

 

格安スマホというのは簡単に書くと、キャリアの回線を間借りしている状況なので、
どうしてもキャリアと同様の回線速度を求めることはできません。

 

 

一般的に利用する分については問題なく使えるので、そこまで気にしないという人も少なくありませんが、良く利用する人からすると不満はあるでしょう。

 

 

また、保証サービスなどについてもキャリアは充実している一方で、格安スマホの場合は加入に制限がつくこともあるというのを覚えておいてください。

 

 

いずれも一長一短の違いがあるので、一概にどちらが優れているという話ではありません。