MENU

格安スマホ会社の端末保証はどうなってるの?

格安スマホ会社で購入した端末のみが保証対象となり、無料では代替機がもらえない会社がほとんどです。
(自然故障、水漏れ、破損の場合)

 

さらに保証プランはオプションとなっており、加入には月額費用が必要です。

 

格安スマホの保証プラン比較
会社名 月額 対応:費用
楽天モバイル 500円 交換:4000円~7000円
mineo 399円 修理:初回:5400円、2回目8640円
DMMモバイル 350円 交換:3000円、対象端末あり
OCNモバイル 端末により保証制度違いあり  
トーンモバイル 500円 交換手数料500円、保証対象限度額があり、一部故障の場合は15000円まで、全損紛失盗難の場合は30000円まで保証
ビッグローブ 300円~400円 交換:1回目5000円、2回目10000円、3回目12720円~15000円
U-モバイル 500円 交換もしくは修理:お見舞い金制度となり、一部破損1万円まで全損で50000円まで保証

購入した端末に違いがありますので、プラン内容は各公式サイトでご確認ください。

 

端末に対しての修理回数は無制限ではなく、1年に1回もしくは2回までといった限度数も存在します。

 

また、故障をした時には、集荷と同時に新しいスマホと交換、もしくは修理期間中は代替機で対応とそれぞれ異なります。

 

 

ちなみに、白ロムや中古品を購入した場合では、各社の保証サービスに加入できないため注意しておきましょう。

 

また、基本的に購入後1年以内であればメーカー保証がつきますので、その点も覚えておくと良いかもしれません。

 

キャリアのような無償修理が無い為、一般的には、保証には加入せず、壊れた場合はネットで中古品を購入される方が多いようです。

 

 

その他、充電器の変更をしたい場合もありますが、いわゆるガラケーの時と違って、最近のスマホというのは充電器がついていません。

 

ですので、別途購入する形となるのが一般的であり、充電器の変更という点については自分で対処する必要があります。

 

そもそも本体と同梱されているモノでもありませんので、保証サービスについても充電器はサポート外のことが多いようです。

 

オフィシャルの充電器もあれば、家電量販店などで格安で購入できる充電器などもあるので、用途にあわせて購入するようにしてください。