MENU

通話simの最安値で比較してみよう!

気になるのが、各スマホ会社の通話付きsimの月額料金ですね。

 

こちらでは、各社の最安値プランでの料金を比較しています。

 

通話付きsimの最安値プラン
会社名(MVNO) プラン 月額料金 参考ページ
イオンモバイル 500MBプラン 1130円 公式サイト
みんなの口コミ
マイネオ(au) 500MBプラン 1310円 公式サイト
みんなの口コミ
マイネオ(ドコモ) 500MBプラン 1400円  
LINEモバイル 1GBプラン 1200円 公式サイト
みんなの口コミ
BIGLOBEモバイル 1GBプラン 1400円 公式サイト
みんなの口コミ
OCNモバイル 110MBプラン 1600円 公式サイト
みんなの口コミ
楽天モバイル ベーシックプラン※1 1250円 公式サイト
みんなの口コミ
DMMモバイル ライトプラン※2 1140円 公式サイト
みんなの口コミ
トーンモバイル 容量無制限※3 1000円 公式サイト
みんなの口コミ

※料金が変更されている場合もあるので各公式サイトでご確認をお願いします。2018/2/7確認時

 

※1,楽天モバイルのベーシックプランは低速通信なので、スマホをほとんど使わない方向けの格安プランです。
次のプランが3.1GBプランとなり、料金は月額1600円となっています。

 

 

 

楽天モバイルは契約後プランの変更は可能です。ただ、通話simからデータsimへの変更は出来ません!

 

電話simからデーターsimへの変更(逆も同じ)は、一旦解約すれば、変更できますが、解約手数料などがかかってしまいますので申し込み時はご注意ください。


 

 

※2,DMMモバイルのライトプランも同様で、速度を気にしない方向けのプランです。
次のプランは1GBプランで1260円です。

 

 

 

DMMモバイルも契約後にプランの変更は無料で可能です。こちらは、解約しなくてもデータsimから通話simへの変更も出来ますが手数料が3000円かかります。


 

 

※3,トーンモバイルは専用スマホの購入が別途必要になるため、月額1000円+スマホ代が必要です。
無制限でも容量を大幅に使用した場合は制限がかかります。

 

次に、各社のかけ放題プランについても見ていきましょう!

 

各社の通話し放題の月額料金はいくら?

 

かけ放題プランは各社にご用意されていますが、それぞれ専用アプリのインストールまたはIP電話での通話のどちらかが必要になります。

 

 

 

キャリアのような、かけ放題プランに加入すればそのまま何時間でも無制限に無料になるシステムは現在、格安スマホ会社にはありません。


 

ただ、制限時間以内なら何回かけても無料(BIGLOBEは選択式)、なので、各社の料金も併せてご確認ください。

 

 

通話し放題の月額料金
会社名(MVNO) 月額料金 かけ放題の時間 アプリorIP電話
マイネオ 850円 10分以内 mineo電話アプリ
楽天モバイル 850円 5分以内 楽天でんわアプリ
DMMモバイル 850円 10分以内 DMMトークアプリ
イオンモバイル 1500円 制限無し IP電話アプリ(番号は050~)
LINEモバイル 850円 10分以内 いつでも電話アプリ
トーンモバイル(IP電話) 500円 10分以内 IP電話アプリ
トーンモバイル(090) 750円 5分以内 トーンモバイル専用アプリ
OCNモバイル 850円 10分以内 OCN電話アプリ
ビッグローブ 650円 最大60分、または3分かけ放題のどちらかを選択 BIGLOBE電話アプリ

※もし、制限時間を超えてしまった場合は、30秒につき10円が加算されます。この料金はアプリを介した場合のみで、もしアプリを介さず電話をした場合は、通常の30秒20円が電話代になります。

 

このアプリとは、各社の専用アプリをインストールするだけで、各社専用の番号(プレフィックス番号、マイネオなら0063など)を発信時に自動で付与してくれるので、難しい物ではありません。

 

 

要するに、アプリを通してプレフィックス番号を付与して電話した場合のみ、各社の制限時間内で電話料が無料になるという仕組みです。


 

また、このプレフィックス番号はこちらでは表示されますが、相手には通常の電話番号で表示されるので、変な番号からかかってきた!という事にはなりません。